スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
櫓屋~満腹~
20060922234315
櫓そば 全部のせ

先日拝見したM先生のブログに堪らない麺類の
記事を発見

見た瞬間思った…
「喰うべし」

そこで本日なけなしの2千円札を綺麗に三つに
折りたたんだものをそっと胸ポケットに忍ばせ
店にむかった

到着するやいなや差し出されるメニュー。
もちろん頼むのは「櫓そば」。
しかしオーダーの瞬間先生のブログを思い出した。
先生はトッピングをたっぷりとのせていた…

ここで持ち前のライバル魂に火が点いた!
そこで思った。
「のせるべし」

満腹中枢を刺激されるのをおそれずに
『櫓そば 全部のせ』をオーダー

うーまい(´Д`)

鰹だし風味が堪らない!
あぶったチャーシューも大量!うーまい(´Д`)

しかし肉々しすぎた…
満腹…

やはり生意気にも先生と同様にのせまくるには
まだまだ早かった…

自分の青さに改めて気付きました(ブルー)
「自分の度量を知るべし」
スポンサーサイト
【2006/09/22 23:43 】 | 飯(めし) | コメント(2) | トラックバック(0)
旅の収穫
20060914234436
いい手ぬぐい

恵庭市のえこりん村で購入
見つけるやいなや購入を決めました

これを買った次の日には苫小牧イオンで軟球も購入
握りに握りまくった

そこらへんの寿司屋の店員よりも握った

苫小牧イオンでは駒大苫小牧の準優勝記念パネル展もやっていて
じっくりと拝見。

素晴らしき戦いを見せてくれた選手達に改めて感謝・感動・観光。

涙が腿をつたった…

さらには甲子園決勝の二試合のときの号外も頂くことができたのも嬉しかった

あとはこれで変化球を覚えて某大将との勝負に備えたいところです
【2006/09/14 23:45 】 | モブログ | コメント(2) | トラックバック(0)
若鷄時代なると
20060909224215
若鷄定食

またしても鷄の半身への情熱だけでありったけの貯金を持って小樽まで来てしまいました

厚手でもろい縄目の文様の土器で有名な「縄文時代」や、
「弥生時代」「江戸時代」と色々な時代がありますが、
やはり私にとって一番の時代は「若鷄時代」。

11時の開店に合わせて入店。
そして若鷄定食をオペラ調にオーダー。
鷄との戦いにむけベルトの穴を数穴緩める。
心臓の鼓動が高まり、アドレナリンが分泌。
さらにはヘモグロビンが減少、
ましてや腸内細菌の代表であるビフィズス菌の活動が活発になったところに奴が登場。
いつものことながら奴には威圧感がある…

うーまい(´Д`)
食べてみるとこの旨さあらためて実感…

皮はパリーパーリィ
中肉は柔らかジューシー

堪らない…

小樽は遠いがまた食べたい
若鷄大好きだー
【2006/09/09 22:42 】 | モブログ | コメント(6) | トラックバック(0)
とみやさんで唐揚げ定食
20060902123927
いい唐揚げ

食べたのはかなり前なのですが…

しかしおいしい記憶は全く薄れることなく、
むしろ伝説として私の胸に刻み込まれております。

やはりおいしい唐揚げは人々を幸せにしますね
また機会があれば2~3時間列んでも食べたいです

最近夜のとみやさんにはなかなか行けてないので、近いうちに夜も行きたいところです
【2006/09/02 12:39 】 | モブログ | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。